photo

新着情報

バックナンバーを見る(下の月をクリックしていただくと過去の新着情報がご覧いただけます)

2018年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2017年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2016年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2015年   12月   11月   10月   9月   8月  

2019.6.24 胆沢城あやめ祭り

史跡胆沢城跡地内のあやめ苑では、約3万株の花しょうぶが楽しめます。
6月29日(土)はイベント会場で振る舞い餅、舞台披露、18:00からは市民手作りの夢あかりがあやめ苑をライトアップします。
6月30日(日)には舞台披露、弓矢体験やクイズラリーなどを開催します。
また、この2日間は奥州市埋蔵文化財調査センターの展示室を無料開放しており、開園したての胆沢城跡歴史公園ではAR・VR体験ができます。
あやめ苑は祭り期間外でも見学可です。
http://www.oshu-bunka.or.jp/maibun/publics/index/63/

開催日時:2019年6月29日~6月30日
開催地:国指定史跡胆沢城跡 あやめ苑(奥州市水沢佐倉河字渋田)
開催時間:9:00~20:00
問い合わせ先:奥州市埋蔵文化財調査センター
TEL:0197-22-4400

2019.6.17 もうすぐ毛越寺 あやめ祭り

境内は「毛越寺境内 附 鎮守社跡」として国の特別史跡として指定されている毛越寺です。
庭園も「毛越寺庭園」として特別名勝に指定されており、四季折々の花々が参拝者の目を楽しませています。
揚羽(アゲハ)や初鏡(ハツカガミ)など300種3万株のハナショウブが紫、白、黄色の大輪の花を咲かせ、訪れる人の目を楽しませます。
期間中の、6月23日(日)には邦楽演奏会、30日(日)には延年の舞の公演、7月7日(日)には子供写生大会、8日(月)には本堂特別拝観も行われます。

開催日時:2019年6月20日(日)~7月10日(水) 8:30~17:00 ※最終入場 16:45
開催地:〒029-4102 岩手県平泉町字大沢58
問い合わせ先:一般社団法人 平泉観光協会
TEL:0191-46-2110

2019.6.10 くずまき高原牧場 ラベンダー鑑賞会

くずまき高原牧場では、例年夏になると濃い紫色が特徴のイングリッシュラベンダーの花が咲き揃い、辺り一面に甘い香りが漂います。
見頃にあわせた「ラベンダー鑑賞会」では、ラベンダー園が開園され、ラベンダー花穂の摘み取り体験(コップ1個分の持ち帰りができます)などが行われます。

開催日時:2019年6月29日~2019年7月21日
開催時間:10:00~16:00
開催地:葛巻町葛巻40-57-125 くずまき高原牧場内 くずまき交流館プラトー
問い合わせ先:くずまき高原牧場
TEL:0195-66-0555

2019.6.3 毛越寺あやめ祭り

毛越寺のあやめは大泉が池周辺の約30アールあやめ園、300種、3万株の花菖蒲が咲き誇ります。
このあやめ園は1953(昭和28)年に平泉町民の発案で現開山堂前に植えたのが始まりで、翌年に明治神宮から100種100株を譲り受け、その後種類を増やして今日に至っています。
まつり期間中は、延年の舞、茶会、写生大会などが行われます。

開催日時:2019年6月20日(木)~7月10日(水)
開催地:〒029-4102 岩手県平泉町字大沢58
問い合わせ先:平泉観光協会
TEL:0191-46-2110

2019.5.26 チャグチャク馬コ

毎年6月に行われる「蒼前様」を信仰とするお祭りで、100頭ほどの馬が、滝沢市の蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで14キロの道のりを行進するお祭です。
馬のあでやかな飾り付けとたくさんの鈴が特徴で、歩くたびにチャグチャグと鳴る鈴の音が名称の由来といわれています。
馬の飾りは、大名行列に使われた「小荷駄装束」に端を発するといわれ、色とりどりの装束に身包んだ馬が行進する様子は圧巻です。
平成8年には、馬の鈴の音が環境省の「残したい”日本の音風景100選”」に選定されています。

開催日:2019/6/8(土)
開催地:鬼越蒼前神社(滝沢市鵜飼字外久保)~盛岡八幡宮(盛岡市八幡町13-1)
問い合わせ先:チャグチャグ馬コ保存会事務局
TEL:019-651-4111

2019.5.20 YOSAKOIさんさ

華麗な衣装とおしゃれなペイント、鳴子を持ってエネルギッシュに踊る「YOSAKOI」まつりは高知県の鳴子踊り「よさこい」ベースとなっています。今では全国区で「YOSAKOI」と名のつくイベントが行われています。
第一回から岩手県に留まらず、隣県からも多数参加してくださっており老若男女に垣根なく、踊りが好きで仲間との交流を積極的に行っているメンバーが大勢集まっており、最近ではYOSAKOI関連のホームページにより、全国各地からの観客も増え、盛岡というエリアを越えたイベントになり始めています。

開催日:2019年5月26日(日) 10:30~17:10
開催地:盛岡大通商店街4会場・盛岡駅「滝の広場」
MOSSビル前会場 他  計8会場
問い合わせ先:YOSAKOIさんさ実行委員会事務局
TEL:019-623-7131

2019.5.13 姫神山山開き

岩手山と相対してそびえる姫神山は標高1123.8メートル。なだらかな裾野を引く秀麗な三角錐の山容が目を引きます。スズランの名所で5月の第3日曜日に山開きのイベントを行います。
登山は白樺林を縫い、高山植物を眺めながら登る一本杉コースが最もポピュラーで、約1時間半で頂上に着きます。眺望は抜群で岩手山をはじめ早池峰山や秋田県境の山々のスカイラインが一望できます。

開催日:2019年5月19日(日)
開催地:姫神山一本杉登山口
問い合わせ先:盛岡市玉山総合事務所産業振興会
TEL:019-683-3852

2019.5.7 100年の森がっこう「新緑の森で葉っぱ遊び」

今や類稀なる多様な自然環境となった小岩井の森。季節ごとに様々な動植物のたくましい姿が見られるフィールドとなっています。
一年でもっとも自然が美しいこの時期、新緑の森を散策しながら親子で夢中になれる「森あそび」を実施します。
イベントは親子限定(先着20組40名)で、参加には前日までに電話予約が必要です。

開催日:2019年5月19日(日)10:00~13:00 ※荒天中止
開催地:小岩井農場 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
問合わせ先:小岩井農場
TEL:019-692-4321

2019.4.22 春の藤原まつり

藤原まつりは、毎年春と秋に開催します。期間中には稚児行列をはじめとしてさまざまな催しがある中、圧巻するのは3日目の「源義経公東下り行列」です。
兄頼朝に追われた義経主従が平泉にたどり着き、秀衡の出迎えを受けたという情景を再現したものです。
毎年、秀衡・義経・北の方など、それぞれの役柄に合った人が選ばれ、馬や牛車に乗って、山伏姿の弁慶ら武者一行・侍女たちを従えて、毛越寺から中尊寺まで行列します。

開催日:2019年5月3日(金)~5月5日(日)
開催地:岩手県 平泉町、平泉町内(中尊寺・毛越寺)
問い合わせ先:一般社団法人平泉観光協会
TEL:0191-46-2110

※イメージです。

2019.4.8 錦秋湖スプリング放流inにしわが2019

重力式アーチダムとして昭和41年(1966年)に完成した錦秋湖(湯田ダム)で、年に一度の放流が行われます。
普段は見ることが出来ない、クレストゲートからの迫力ある放流は圧巻の眺めで、「日本ダムアワード」で放流賞にも選ばれています。
発電取水口トンネル開放&発電体験、ダム堤体内(ゲート室)の見学および特別見学ステージからの観覧(※参加には事前予約が必要)、新ダムカード(※提示でダムカレーの割引)のプレゼントなども行われます。
飲食ブースも登場するほか、錦秋湖周遊するハイキングコースやレンタサイクルも楽しめます。

開催日:2019年4月20日~4月21日(10:00~15:00) ※ライトアップ18:00~22:00
開催地:西和賀町 湯田ダム(024-0341 岩手県西和賀町杉名畑)
問い合わせ先:湯田ダム管理支所
TEL:0197-74-2011

2019.4.1 桜名所 石割桜

盛岡地方裁判所の構内にある石割桜は、盛岡のお国を自慢するとき、「石割桜こそ日本一の名桜」などといって、よく取り上げられる珍しい桜です。巨大な花崗岩の岩の狭い割れ目に直径約1.35メートル、樹齢が360年を超えるといわれるエドヒガンザクラが生育しています。
巨大な花崗岩と調和した威厳ある美しい姿と珍しさでは、日本一といってよいのではないでしょうか。
毎年見事に開花を続け、たくさんの人の目を楽しませています。

場所:岩手県盛岡市内丸9-1(盛岡地方裁判所敷地内)
問い合わせ先:公益財団法人盛岡観光コンベンション協会
TEL:019-604-3305

2019.3.25 八幡平アスピーテライン

「アスピーテ」とは、楯を伏せたような形の火山を示す名称です。岩手県の八幡平御在所地区から秋田県のトコロ温泉まで、八幡平を横断する全長約27㎞のドライブウェイです。
茶臼岳の山腹を縫って走る道から南に岩手山が眺められ、樹林の中に青い湖沼やアオモリトドマツの枯れた木々が八幡平ならではの景観を作り出しています。
4月上旬、冬期間の通行禁止が解除となる八幡平アスピーテラインは、まだ道路の両側に数メートルの雪が残り、「雪の回廊」となります。

通行可能期間:2019年4月中旬~11月上旬
※4月15日(月)10:00~開通予定
問合せ先:(一社)八幡平観光協会
TEL:0195-78-3500

2019.3.18 北上展勝地さくらまつり

悠然と流れる北上川の河畔にある北上展勝地は、東北有数の桜の名所として知られ、「さくらの名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられています。珊瑚橋から2キロにわたる桜並木の他にも、約150種の様々な桜が展勝地公園内293haに1万本あると言われています。
期間中は、北上川上空を鮮やかな鯉のぼりが泳ぎ、遊覧船が運航されるほか、満開の桜並木をノスタルジックな雰囲気たっぷりの観光馬車が走ります。
また夜には美しくライトアップされた桜並木が川面に映し出されます。

開催日:2019年4月15日 (月)~5月6日(月・祝)
開催地:北上展勝地(〒024-0043 北上市立花10地割)
問い合わせ先:一般社団法人北上観光コンベンション協会
TEL:0197-65-0300

2019.3.11 早池峰神社 蘇民祭

その昔、旅人に扮した神が一晩の宿を探していたところ、蘇民将来という村人が貧しいながらも精一杯のもてなしをし、神の加護を受けたという伝説が起源です。
以来、無病息災を祈り、各神社で蘇民祭が行われるようになりました。
1月から順次始まる蘇民祭の締めくくりにあたるのが、この早池峰神社の蘇民祭です。上半身裸の男たちが境内に集まり、ご利益があると言われる「蘇民袋」を奪い合います。
蘇民袋の中には365個の木製の駒が入っており、十二支の焼印が押されています。
これを獲得した者は1年のご利益があると言われており、毎年この袋を巡る男たちの熱い闘いが繰り広げられます。

開催日時:
2019年3月17日(日) 10:00~神事 11:00~蘇民袋争奪戦(12:00頃まで)
開催場所:早池峰神社
問い合わせ:一般社団法人 花巻観光協会 0190-29-4522
※受付は当日の午前10時まで

2019.3.4 ~広がれ!つながれ!明日に向かって!~

東日本大震災から8年が過ぎました。今年の「祈りの灯火」にも、県内の小中学校のみなさま、 県内、県外多くの企業や団体、個人のみなさまから、たくさん手づくり灯籠が届きます。
そこには、被災地と被災者の方々の未来に向けての、あたたかな励ましと、この震災を忘れないという強いメッセージが刻まれています。岩手県が震災以降、全国からいただいた多くのご支援に心より感謝を申し上げます。

日時:2019年3月11日(月)13:00~14:46(黙祷)~19:00
会場:盛岡城跡公園(もりおか歴史文化館前広場:盛岡市内丸1-50)
櫻山神社(盛岡市内丸1-42)
東大通商業振興会各店
問い合わせ:祈りの灯火実行委員会事務局 070-6574-3493

2019.2.25 小岩井農場で春休み~ウサギがまきば園にやってきた!~

雪解け真っ最中のなかに温もりを感じる、農場の早春イベントです。期間中は新たに小岩井農場へやってきたウサギとのふれあい・餌付け体験(11:00~約30分)や、「馬のお姉さんと厩舎見学、人気投票!小岩井の馬ランキング!」(13:00~約45分)などまきば園の動物たちとのイベントを実施します。
また期間限定のイースターグルメやお土産も充実しているほか、春ならではの暖かな気候の中、芽を出し始めた草花を専門ガイドが案内する観察会「小岩井の森を歩こう」も開催するなど、春の農場を存分に楽しめます。

開催日:2019年3月16日(土)~4月7日(日)
開催場所:小岩井農場 (岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1)
開催時間:9:00~17:00
問い合わせ:019-692-4321

小岩井農場のホームページはこちら≫

2019.2.18 岩手サファリパーク 北東北感謝祭

冬の期間「北東北+宮城 感謝祭」が開催されています。期間中の土日祝に、トラ・ライオン・チーターをゆっくり見学できる「肉食動物探検バスツアー」、ゾウ使いにチャレンジする「間近でふれあうゾウ使い体験」、毎日ボールバイソンと写真が撮れる「ヘビとのふれあい撮影会」を開催しています。 冬のサファリパークを楽しみましょう。

開催期間:2018年12月1日(土)~2019年2月28日(木)  ※2月27日(水)休園
開催場所:一関市藤沢町黄海字山谷121-2
開園時間:9:30~16:30
入園料:大人2,700円 小人1,500円 シニア1,500円
問い合わせ先:岩手サファリパーク
TEL:0191-63-5660
岩手サファリパークのホームページはこちら≫

2019.2.12 小岩井農場自然散策特別版 スノーシューウォーク

スノーシューを履いて、積雪の時期だけ入ることができる広大な牧草地の雪原や樹齢100年のスギが立ち並ぶ林道を步くイベントです。冬でも冬眠せず越冬して過ごす動物たちの足跡を探したり、森の中で手作りアイスを味わったりできます。この時期だけの楽しい冬の森を満喫できます。イベントはガイド付きで、開催前日までに電話で予約が必要です。

参加料:大人(中学生以上)1000円、小学生500円
※別途入場料が必要
スノーシューレンタル料 500円

開催地:小岩井農場 岩手郡雫石町丸谷地36-1
開催日:2月16日、23日(土)
問い合わせ先:019-692-4321
開催時間:10:00~12:00(受付 9:30~)
※荒天時中止

2019.1.21 スミつけ祭り

この祭りは、火難よけ、安産、無病息災を祈願する祭りとして約400年前に始まり、「焼き観音お年越し」として伝えられ、別名「せあどたき」と言われています。祭りが始まると、積み上げられた杉の枝木に点火し、その燃えさしの炭を手につけ、お互いの顔に付け合いながら、1年の無病息災を祈願します。

開催期間:2019/2/2(土)
開催場所:紫波郡矢巾町煙山地内 実相寺裏 観音堂
問い合わせ先:実相寺
TEL:019-697-5631

2019.1.15 もりおか雪あかり

本州一寒い街「もりおか」の冬の夜に、凛とした空気の中ひとつひとつ灯りの中に寒いからこそ感じられる「まち」「ひと」のあたたかさを伝えようとはじめられた「もりおか雪あかり」。
ボランティアの皆さん手作りによる、ミニかまくらやキャンドル、氷の彫刻や雪像などがご覧いただけます。盛岡城跡公園、もりおか歴史文化館をメイン会場に、盛岡駅前広場、菜園通り、東大通り商店街などで開催します。

開催期間:2018/2/7(木)~2018/2/9(土)
開催場所:盛岡城跡公園、もりおか歴史文化館など
問い合わせ先:(公財)盛岡観光コンベンション協会
TEL:019-604-3305

2019.1.7 岩洞湖氷上ワカサギ釣り

本州一の厳寒地・玉山区の岩洞湖では、毎年シーズンになるとワカサギ釣りを楽しむ人々で賑わいます。凍った湖面に穴を開けて釣り糸を垂らすこのワカサギ釣りは、子供から大人まで楽しむ事ができ、氷に穴を開ける専用のドリルや釣りに必要な道具はレストハウスでレンタルすることもできます。釣ったワカサギは小麦粉をまぶして揚げ、塩をふってその場で食べるのがおすすめ。たくさん釣れた時には岩洞活性化センターで真空パックにもできます。

開催期間:2019/1/中旬~3/上旬
開催場所:盛岡市玉山区薮川字外山(岩洞湖)
問い合わせ先:盛岡市玉山区薮川字外山(岩洞湖)
TEL:019-681-5777
湖面の凍結状況は監視詰所で確認できます。
TEL:019-681-5678

2019.1.4 新年のご挨拶

謹んで新年のお慶び申し上げます。
旧昨年は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
当館も皆様のお陰を持ちまして、無事に新年を迎えることが出来ました。
本年も倍旧のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

ホテルパールシティ盛岡 スタッフ一同

☆宿泊プランが見られない時の対処法☆

 

現在ウインドウズXPのパソコンをお使いのお客様で、宿泊プランが見れない場合がございます。

インターネットの設定を変える事でご覧いただけますのでこちらの対処法をご覧ください。 PDFが開きます≫


 

バックナンバーを見る(下の月をクリックしていただくと過去の新着情報がご覧いただけます)

2018年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2017年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2016年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2015年   12月   11月   10月   9月   8月  
  • お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:019-625-3311
  • 宿泊プラン予約はこちら
  • お問い合わせはこちら