最新情報

2021.10.3 三ツ石山

~三ツ石山~
三ツ石山は岩手県内で最も早く紅葉が見られると言われており、例年の見頃は9月上旬からで、山頂付近が赤いじゅうたんを広げたように紅葉します。
詳しくはこちら

2021.9.26 栗駒山の紅葉

~栗駒山の紅葉~
岩手、宮城、秋田三県にまたがる標高1626メートルの名峰、栗駒山。数々の花や高山植物に恵まれ、雄大な自然を楽しめます。
詳しくはこちら

2021.9.13 岩手県北エリア ~野田村~

~のだ塩工房~
野田村の特産品である自然海水塩「のだ塩」を製造している工房は、村内でここだけです。
昔ながらの製法で、野田港より汲み上げた海水を鉄鍋でじっくりと煮詰める「薪窯直煮製法」により作られています。
詳しくはこちら

2021.9.6 岩手県北エリア ~洋野町~

~ひろのまきば天文台~
空気が澄んでいて、さえぎる灯りがほとんどなく、大パノラマで満点の星が楽しめる希少なポイントです。
星空の美しさ、全体を広く見渡せることから、2007年度に環境省の冬季星空継続観測によって、”日本一の星空観測適地”に選ばれました。
詳しくはこちら

2021.8.30 岩手県北エリア ~久慈市~

~久慈琥珀博物館~
久慈地方は、国内最大の琥珀産地として知られています。
久慈琥珀博物館は、古くから琥珀採掘の行われた土地でもある久慈市郊外に所在し、国内で唯一の琥珀専門博物館です。
アクセサリー作り体験や装飾品の販売もあり、太古のロマンを感じることができます。
詳しくはこちら

2021.8.22 岩手県北エリア ~九戸村~

~甘茶~
九戸村は国内有数の、甘茶の産地です。 砂糖の200倍の甘さでありながら超低カロリーな不思議なお茶、お釈迦様の誕生日に、釈迦像にこの甘茶をかける風習が日本に伝えられています。
詳しくはこちら

2021.8.15 岩手県北エリア ~軽米町~

~さるなし~
さるなしはキウイフルーツより小ぶりで、英語では「ベビーキウイ」と呼ばれ、表面に毛がないため、皮があるまま食べることが可能です。またビタミンCなどの栄養価が大変高く、タンパク質分解酵素を大量に含み、疲労回復や強壮、整腸作用などの効果があるといわれています。
詳しくはこちら

2021.8.8 岩手県北エリア ~二戸市~

~馬仙峡~
馬淵川を挟んで男神岩・女神岩や大崩崖などの雄大な景観は県北随一といわれる名所です。大きさ日本一の夫婦岩「男神岩(おがみいわ)、女神岩(めがみいわ)」が国道4号線を北上してくる皆様を二戸市の入口でお出迎えします。男神岩の上にある展望台からは二戸地域を一望できます。
詳しくはこちら

2021.8.1 岩手沿岸エリア ~陸前高田市~

~奇跡の一本松~
2011年、東日本大震災で発生した津波で約7万本もの松がなぎ倒されるなか、唯一、荒波に耐えてまっすぐに残ったのが「奇跡の一本松」。甚大な被害が発生した震災でしたが、その中でも一本松の奇跡は復興に向かう人々の心の支えとなりました。
詳しくはこちら

2021.7.18 岩手沿岸エリア ~大船渡市~

~三陸鉄道・「恋し浜駅」~
盛岡駅~久慈駅間163キロメートルの中で、恋愛のパワースポットとして人気が広がっているのが「恋し浜駅」。ホタテの貝殻を絵馬として使い、さまざまな願いを込めた貝殻がきっしり吊るされた光景も名物となっています。
詳しくはこちら

2021.7.12 岩手沿岸エリア ~住田町~

~滝観洞~
最奥部のドームにドウドウと流れ落ちる「天の岩戸の滝」は落差29メートル、洞内滝として日本有数です。
詳しくはこちら

2021.7.6 岩手沿岸エリア ~釜石市~

~ミッフィーストリート~
2018年12月、釜石駅から魚河岸エリアまでの県道4号線をミッフィーの道案内サインで彩り、ミッフィーストリートが誕生しました。
詳しくはこちら

2021.6.27 岩手沿岸エリア ~山田町~

~蓬莱島~
新大槌八景に選定され、大槌湾にぽっかりと浮かぶひょうたん型の島です。
赤い灯台の根元にはオットセイの供養塔が建てられていて、NHKドラマ「ひょっこりひょうたん島」のモデルといわれている島です。
詳しくはこちら

2021.6.21 岩手県南エリア ~山田町~

~船越家族旅行村~
ケビンハウス・オートキャンプ場・バーベキューハウス・ジャブジャブプール等、アウトドアを楽しめる場所です。船越半島2つの海水浴場もすぐ近くにあります。
詳しくはこちら

2021.6.14 岩手県沿岸エリア ~宮古市~

~瓶ドンを食べてみよう~
岩手県沿岸では獲れたてのウニを牛乳瓶に詰めて保存するスタイルが一般的です。獲れたてのウニを、滅菌処理を行った海水と一緒に牛乳瓶に入れ保存することで、地元でしか味わえない新鮮で美味しいウニを食べることができます。
詳しくはこちら

2021.6.6 岩手沿岸エリア ~田野畑村~

~机浜番屋群~
机浜漁港の海岸から100メートルほど離れた、22棟の木造番屋。漁の拠点として作業場や漁具置き場、土間などの居住空間があります。昭和8年の三陸大津波後に建て直され、平成18年に「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選」に選ばれました。
詳しくはこちら

2021.5.30 岩手県南エリア ~一関市~

~酒の民俗文化博物館~
仕込み蔵として使われてきた、東北有数の大きさを誇る2階建て土蔵を改装した、酒造りに関する博物館です。
詳しくはこちら

イメージ

2021.5.23 岩手県南エリア ~金ヶ崎町~

~軍馬の郷六原資料館~
明治時代に、旧陸軍が建てた軍人の官舎です。
明治末期における洋風木造建築で、外観は煉瓦積みの布基礎や洋風の総下見板張りの外壁、上げ下げ窓などの特徴があります。
詳しくはこちら

2021.5.16 岩手県南エリア ~奥州市~

~蔵まちモール~
古くから北上川の舟運による物資の集散地として開け、岩谷堂箪笥、岩谷堂羊羹など伝統物産品が多い岩谷堂。その製造元や商家の蔵を活かし整備された歩行者専用道路が「蔵まちモール」です。
詳しくはこちら

2021.5.9 岩手県南エリア ~西和賀町~

~女神三滝 滝めぐり~
女神山の麓には、三滝と呼ばれる「白糸の滝(しらいとのたき)」、「姥滝(うばたき)」、「降る滝(ふるたき)」をはじめ、周辺には7つの滝があり、名水に選ばれている「女神霊泉(めがみれいせん)があります。
詳しくはこちら

2021.5.2 岩手県南エリア ~北上市~

~北上市立鬼の館~
「鬼」をめぐる様々なことがらを集め、調べ、学びあう場として開設されたテーマ博物館です。
鬼の館わくわくイベントでは、鬼剣舞のお面の色塗り体験のほか、親子で楽しめる工作作りや、鬼の秘密を探るクイズなど、色々なコーナーがあります。
詳しくはこちら

2021.4.26 岩手県央エリアめぐり ~花巻市~

今年で6回目を迎えた「童話村の森ライトアップ2021」
賢治生誕から命日までの期間(8月27日から9月21日)には毎日点灯致します。
詳しくはこちら

2021.4.19 春爛漫ライトアップ2021

日本建築の美の代表とされる寝殿造の建物を再現した「伽羅御所」や庭園などが美しく照らし出される「春爛漫ライトアップ」。桜の開花の時期にあわせて開催される夜桜の美しさも一層際立ちます。
詳しくはこちら

2021.4.12 深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

器の中に樹脂を流し込み、その表面に絵具で金魚を少しずつ部分的に描き、上から樹脂を重ねる作業を繰り返すことで、立体感のある金魚に仕上げる、斬新な手法です。
詳しくはこちら

浄土ヶ浜

2021.4.5 盛岡発着日帰り観光バス

浄土ヶ浜&三陸鉄道と遠野 3.11からの学び(釜石鵜住居)号
詳しくはこちら

日本三大鍾乳洞の一つ「龍泉洞」

2021.3.30 盛岡発着日帰り観光バス

盛岡駅から日帰りの観光バス『龍泉洞&海のアルプス北山崎と3.11からの学び(宮古田老)号』が発着しています。
県内の観光地と、3.11に関する震災遺産等を周れる見どころ満載のバスツアーです。 詳しくはこちら

2021.3.22 テーマ展 「縄文いわての環状列石(ストーンサークル)

縄文時代後期の初めから晩期(今から3000~4000年前)にかけて、北海道や北東北各地につくられた謎の多い環状列石(ストーンサークル)。太平洋岸で初めてその存在が確かめられた洋野町の遺跡の調査結果を中心に、石にまつわる岩手の縄文遺跡を紹介しています。
詳しくはこちら

2021.3.15 美術館てくてくツアー

美術館の隠れた魅力を探る館内ツアーです。建築の機能や設備の秘密について職員の方が案内をしてくれます。いつもは気が付かなかった美術館の秘密を探してみましょう。
詳しくはこちら

2021.3.8 企画展「災害の記憶 -盛岡藩の被災・救済・防災ー」

もりおか歴史文化館には盛岡藩の家老が江戸時代を通じて書き続けた政務日記などの貴重な記録類が保管されているが、これらには地震や津波、風水害など数多くの災害記録されています。現代を生きる私たちが防災・減災を考える一つの契機となればの思いで開催されます。
詳しくはこちら

2021.3.1 ガラス体験工房 森のくに

ガラス体験工房森のくにでは、吹きガラスやトンボ玉、サンドブラストなどのガラス工芸体験ができ、プログラムによっては3歳から体験可能です。ショップでもさまざまなガラス製品が販売されています。
詳しくはこちら

2021.2.24 イギリス海岸

イギリス海岸は、瀬川と北上川が合流する地点の西岸にあります。白い泥岩層が川に沿って露出しているこのエリアを、宮沢賢治はドーバー海峡の白亜の壁を連想して「イギリスあたりの白亜の海岸を歩いているような気がする」といって「イギリス海岸」と名付けました。
詳しくはこちら

2021.2.8 槻沢温泉 砂ゆっこ

約90℃の熱い湯がたっぷり湧く槻沢温泉。この熱い湯と湯田町特産の湯田けい砂の砂風呂が楽しめます。砂の上に浴衣を着て寝ころぶと係りの人が温かい砂をたっぷりかけてくれます。15分程で体中から汗が出て体内の毒素も抜けるようです。
詳しくはこちら

2021.1.31 千本松

幹囲2メートル、樹高26メートル、枝張11メートル、地上2メートル位のところから多数の枝に分かれており、別名「ほうき松」ともいいます。
詳しくはこちら

2021.1.25 ふうせつ花

地元では有名なお豆腐屋さん。立ち寄りで豆乳ワッフルや、ドーナツ、アイスクリームが観光客に人気です。揚げたてほかほかのドーナツはかなり美味しいです。
詳しくはこちら

2021.1.19 企画展「地獄の歩き方、極楽への生き方」

地獄の恐ろしい世界や鬼を紹介し、現生で人々が極楽浄土へ向かう為に行う、民間信仰などについて紹介する企画展です。岩手県内のお寺で所蔵していた恐ろしい地獄の世界を描いた「地獄絵掛図」や、地獄のイメージを浸透させ、極楽往生を願う人々に影響を与えた「平かな絵入往要集」を公開しています。
詳しくはこちら

2021.1.13 第28回企画展 牛の美

日本において牛は、運搬や農作業で人とともに働く動物で、誰もが接することのできる庶民の家畜でした。
2021年の丑年を迎え、牛の博物館収蔵コレクションの中から、よりすぐりの牛の絵画と手工芸品を展示しています。
詳しくはこちら

2020.12.21 道の駅 「区界高原」

川井の特産品の紫蘇や黒豆を使った、「紫蘇ジュース・黒豆ジュース」の「かわいペリラ」「ブラックビーンズ」などの人気商品が話題です。
やさしい辛さの手作りキムチを使用した「友情キムチとんこつラーメン」も人気があります。
詳しくはこちら

2020.12.7 道の駅 石鳥谷

岩手県のほぼ中央部に位置し、酒蔵をイメージした建物や緑の木立を背に立ち並ぶ憩いの場です。石鳥谷は美しい自然とうまい米、うまい水に恵まれ、古くから酒造りが盛んに行われてきました。それに伴って酒造りの技術者である杜氏も多く輩出しました。
詳しくはこちら

バックナンバーを見る(下の月をクリックしていただくと過去の新着情報がご覧いただけます)

2020年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   4月   3月   2月   1月
2019年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2018年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2017年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2016年   12月   11月   10月   9月   8月   7月   6月   5月   4月   3月   2月   1月
2015年   12月   11月   10月   9月   8月